スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お帰りなさい、ディスカバリー号

0806-13.jpg


土曜日の午前中、日本人宇宙飛行士の星出さんが乗ったスペースシャトル「ディスカバリー」号が無事、ケネディスペースセンターに帰ってきた。

ダンナが家にいたのでシャトルの帰還を見に行った。
GPSを見ながら、シャトルの滑走路に近い地点を探して、ビーチに行く道を行った。
手前のほうではたくさんの見物客がいたんだけど、ダンナは「まだまだ向こうだ」と言って運転していった。(うちのダンナはシャトルに関してオタクの域に入ってるのよね・・)
ドンドン行くと、車の数が少なくなってきて見物客も居なくなってきたのだけど、ちょっと走らせると車が7,8台止まっていて、ちょっと高くなっているところがあったので、そこに止めて見学することにした。

私たちが着いてしばらくすると、シャトルが大気圏に突入した音(バンバン!ととても大きな音がして地響きがするときもある)がして、周りにいた人たちがシャトルを捜すために一斉にキョロキョロし始めた。この時は慎重に空を指差さなくてはならないのよね。誰かが空を指差すとみんなが一斉にそっちを向いて、シャトルを探し出すのよね。以前、ワタシがシャトルだと思ってダンナに「あれってシャトル??」なんて聞きながら指を指したら、周りにいた人が皆そっちを見て、しかも鳥だったからさ、ちょっとシラケさせちゃったのよ。
今日も、一人が「あれかしら??」なんて叫びながら指差したら、皆が見てドヤドヤって騒ぎ出したんだけど、誰かが「あれはタダのジェット機じゃね」ってかんじになっていたし・・。
その後すくに、うちのダンナが「見つけた!!」と叫んでオタクぶりを見せ付けていた。
ダンナが指差してる方向一生懸命見るんだけど、私にはぜんぜん見えなくて、一瞬、うちのダンナは「オオカミ少年」なんでは??と疑ってしまった・・・。
ワタシには全然見えないんだけど、他の人もボチボチと見つけ出し、傍にいたおばさんの「どこ?どこ?」と騒ぐ声と共にワタシにも見えてきて、カメラのシャッターを切り始めた。

あっという間に、茂みの向こうに消えてしまったのだけど、フェインダー越しでもちゃんとシャトルの形が見えてちょっと感激した。

今回のランディングはけっこう良かった、って言うか、ダンナがいないと興味がないのでわざわざ見に行ったりしないのよね・・。いつも忘れていて、シャトルが大気圏に突入した音でびっくりして心臓発作を起こしそうになってるくらいだから・・・。

3号も一緒にいたんだけど、物体が小さいのでよくわかってなかったと思う。(打ち上げはロケットの発射ってことはわかってるけど・・)



上の写真のシャトルの拡大版

0806-14.jpg





スポンサーサイト

テーマ : フロリダ   ジャンル : 海外情報

シャトル打ち上げ成功!

06sep0020.jpg


2週間くらい前から延び延びになっていたスペースシャトルが今日やっとあがった。
私は1号のサッカーのゲームに付き添っていたので、わりと近くから見ることができたけど、旦那は2号のゲームのために南へ車で1時間弱行ったところにいたので、ちょっと残念がっていた。

旦那は宇宙オタクなので、サッカーの応援をせずに北の空ばかり見てるんじゃないかと心配だったので、出て行く前に釘を刺しておいた。
でも、「わかった」と頷いていてたけど、双眼鏡を取りに家に戻ってきたのよねー。ちょっとムッとしてしまった。
そう言ってる私も、打ち上げ時刻間近に友達に電話して打ちあがるか確認してるんだけどね・・・。


ロケットやシャトルが打ち上がった後、まっすぐだった煙が必ず螺旋状になるのよねー。

06sep0021.jpg


何でかなー?といつも思うんだけど、旦那に聞くと嬉しそうに説明するのがわかっているので、なんか嫌で聞けないのよねー。
まっ、検索でもしよっと・・・。

テーマ : アメリカ合衆国   ジャンル : 海外情報

Evening with the Astronuts

夜、KSC(Kennedy Space Center)で行われた「宇宙飛行士との夕べ」に行ってきた。

ロケットおたくの旦那は有名な宇宙飛行士に会えると言うことで夕方からそわそわしていた。

現役から引退した人まで5人の宇宙飛行士の話を聞くことができた。初期の段階のロケットに乗り込んだ人や映画アポロ13でトムハンクスが演じた宇宙飛行士などもいた。トム・ハンクスのイメージが強くて、紹介されてじっ様が現れた時はびっくりした。旦那に「爺様なんだ・・・」といったら「当たり前だろ」と睨まれた。

話はおもしろかった・・・・・ようだ。宇宙用語なんて日本語でもわからないのにまして英語なんてちっともわからなかった。旦那は話に聞き入っていたが、私は子供たちと同じレベルでスライドショーの時だけ身を乗り出して聞いていた。



中学・高校生がたくさん来てたんだけどその子たちに向かって「次の宇宙開発を担うのは君たちなんだよ」って言っていたのが感動した(っというかそれくらいしかわからなかった)。 うちの子供たちも将来、そっちの道に進む可能性もあるんだろうな・・・って。旦那や旦那の家族も宇宙系大好きな人が多いしな・・・。



とっても感動した旦那は帰りの車の中でさっそく自慢げに父親に電話していた。パパも羨ましがっていたようだ。彼らにとって今日の爺様たちはHEROなんだよな・・・。

なんかちょっとヒーローを持っている旦那たちが羨ましかった。



  
* PROFILE *
  • Tiki
  • フロリダに住む主婦。
    家族 アメリカ人の旦那
        息子 3人
        雑種のネコ 2匹(Andy,Rosco)
        ゴールデンドゥードル (Marcy)
    趣味  日本のドラマ鑑賞、テニス、エクササイズ   




* CATEGORY *
* 最近の記事+コメント *
* ユーザータグ *

ワタシ  買い物  アメリカ生活  フロリダ  インテリア  イベント  家族  3号  2号  1号  食べ物  アメリカの学校  WDW  Marcy  旅行  連絡事項  ケーキデコレーション  バスルーム  手作りパン  テニス  キッチン用品  手作りスイーツ  フィットネス  ベッドルーム  日本  iPhone  ひとりごと  YMCA  ダイエット  ジョギング  クーポン  健康  ウィリアムソノマ  キッチン  スペースシャトル  生き物  ブログ  DIY  近況  ソトご飯  ル・クルーゼ  ネコ達  英語  日本のTV  キーウエスト  ダンナ  ファミリールーム  サッカー  アンティーク  アプリ  ポッテリーバーン  ラルフローレン  スクラップブック  ハワイアンキルト  ビーチ  映画    お友達  天候  ワイン  今日のお届けもの  Bath&BodyWorks  ピアノ  子供の習い事  プール  お花  オールドパイレックス  レストラン  ウチご飯  シャネル  ダイニングルーム  

* ARCHIVES *
* LINKS *
* メールフォーム *

名前:
メール:
件名:
本文:

* gremz *
おもしろそうなのでワタシもやってみます。 枯らさないようにしなくては・・・。
ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。